2005年11月16日

ストレスばいばい。我癒す!LET IT BE by BEATLES

LET IT BE 

好きな曲です。

弱ると、

いつもこの曲に会いに行きます。


LET IT BE

あるがままに

When I find myself in times of trouble, Mother Mary comes to me,
speaking words of wisdom, let it be

苦難に悩んでいると 聖母マリアが僕の前にあらわれて
知恵の言葉を下さるんだ
「あるがままになさい」
And in my hour of darkness, she is standing right in front of me,
speaking words of wisdom, let it be

心が暗闇に包まれた時にも
彼女は僕の前に立って
知恵の言葉を唱えて下さる
「なすがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, let it be,
whisper words of wisdom, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせるべし
知恵の言葉を唱えよう
「あるがままになさい」

And when the broken hearted people, living in the world agree,
there will be an answer, let it be

世界中の悲嘆に暮れた人達が同じ考えを持てば
そこに答えが見つかるだろう
「あるがままになさい」

But though they may be parted, there is still a chance that they will see,
there will be an answer, let it be

たとえ みんなが離れ離れになっても
まだ再会するチャンスがあるさ
そこに答えが見つかるだろう
「なすがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, let it be, yeah
there will be an answer, let it be

なすがままに
あるがままに
すべてをまかせるべし
それが答え
「あるがままでありなさい」

Let it be, let it be, let it be, let it be,
whisper words of wisdom, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせるべし
知恵の言葉を唱えよう
「あるがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, let it be,
whisper words of wisdom, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせるべし
知恵の言葉を唱えよう
「あるがままになさい」

And when the night is cloudy, there is still a light that shines on me,
shine until tomorrow, let it be

夜空が曇っていても
僕を照らしてくれる光があるんだ
未来まで輝いておくれ
あるがままであれ

I wake up to the sound of music, Mother Mary comes to me,
speaking words of wisdom, let it be

音楽で目を覚ますと
聖母マリアが僕のところに現れて
知恵の言葉を授けてくださるんだ
「あるがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, yeah
let it be, oh there will be an answer, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせるべし
そこに答えが見つかるだろう
「あるがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, yeah
let it be, there will be an answer, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせるべし
そこに答えが見つかるだろう
「あるがままになさい」

Let it be, let it be, let it be, yeah let it be,
whisper words of wisdom, let it be

あるがままに
なすがままに
すべてをまかせ
知恵の言葉を唱えて下さる
「なすがままになさい」

A brilliant song by McCartney, it first was thought to be about his late mother Mary. However, this spiritually inspired writing is more of a message of peace to the other Beatles'. Written out of his feelings of despair, Paul was saying that in spite of their differences and the imminent break-up, to merely, let it be. In spite of their various disagreements, no one knew when this was recorded in January 1969, that it would be their last single released in March 1970.




■今日も最後までお付き合い頂きまして、心から感謝致しております。もしよろしければついでにポチッの程、何卒宜しくお願い致します。


                  



ランキングナビ

posted by igatit at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。